エストロゲン不足で髪は薄く、細くなる



女性の薄毛・抜け毛解決マニュアル~今ある髪を徹底死守!
今ある髪を守るためにあなたが取り組むべきことは?



女性の薄毛解決マニュアルTOP » 女性の髪が薄くなる原因 » 産後・更年期のエストロゲン不足の影響

女性の髪の状態は女性ホルモンに左右される

女性ホルモンの大変動が抜け毛や細毛の原因に!

エストロゲンには髪の毛の成長を促す作用があり、プロゲステロンにも育毛を維持する働きがあるので、 この2つの女性ホルモンが急激に減る産後と更年期には、髪が抜けたり、髪が細くなるといったといったこと起こります。

加齢による髪の変化と女性ホルモンの関係

まずは、女性ホルモンの分泌量のグラフをみてください。

女性ホルモンの分泌量の図

思春期を迎えて以降、増加の一途を辿り、20代後半ぐらいにピークを迎えて30代前半ぐらいまでは安定して高い水準を保っていますが、35歳以降から下り坂に入り、 45~55歳の更年期には急激に低下していきます。

髪質のピークというのはこの女性ホルモンの分泌量と完全にリンクしていて、女性ホルモンの分泌量がピークの20代はハリやコシ、髪の量も絶好調ですが、 30代にはいると髪の毛にうねりがでてきたり、パサつきなどが気になるようになってきます。

40代以降は女性ホルモンの減少に加えて、加齢の影響も加わるので、薄毛はもちろん白髪も相当目立ってきます。もちろん個人差はありますけどね。

薄毛が気になる年齢には個人差がありますが、30代後半から40代、50代、そして60代と年齢が進むにつれて髪の状態というのはひたすら下り坂です。 髪の成長や髪質に影響する女性ホルモンの分泌量が減ってしまうことで髪が細くなりますし、加齢によるヘアサイクルの乱れもあって髪の本数も減ってきます。

ここに白髪加わると、遠目にみると霜柱のような白髪が地肌に見えることもあるので、より地肌が透けているようにみえて薄毛の印象をもたれてしまいます。 こうした加齢による髪の変化(=老化)というのは残念ながら今のところ避けようがありません。

加齢と女性ホルモンの影響によって髪の毛の状態は刻々と変化していきます。ただ、年齢=老化ではないので、正しいヘアケアや生活習慣によって、 老化スピードというのは遅らせることができますから、普段からの手入れというのが非常に重要になります。

女性ホルモンの減少が原因の「髪痩せ」&「女性男性型脱毛症(FAGA)」

女性の薄毛の悩みというのはそのほとんどが「びまん性脱毛症」です。これは頭頂部とサイドを中心に全体的に髪が薄くなる症状です。 女性ホルモンの影響で髪が細く痩せてしまう女性ならではの脱毛症といえるかもしれません。

これにさらに、女性ホルモンの分泌量が減少することで、微量ながら女性のカラダにも存在する男性ホルモンが相対的に優位になり、 その影響で額から「M字に後退する」「頭頂部が薄くなる」といった男性型脱毛症の症状が出てくる人もいます。

女性ホルモンが減少してしまうと....

  • 髪が細く痩せてしまう
  • 女性ホルモンが抑え込んでいた男性ホルモンの影響がでてきてしまう

どちらの影響がでてきてしまうかは、実際そうなってみるまではわかりませんが、いずれにせよ、女性ホルモンが減少することで起こるこうした薄毛の悩みは程度の差はあれ、 女性であれば誰もが直面する問題だと思ってください。

更年期以降はこれまで女性のカラダの健康と美を保つ働きをしてくれていた女性ホルモンが急降下し、閉経後にはほぼゼロになってしまうので、 髪に対する影響も大きいですし、何よりその状態が一時的ではなく、その後のスタンダートになる分、薄毛の悩みも深刻になってしまいます。

例えばダイエットであったり、ストレスによる影響でホルモンバランスが崩れて、髪が抜けたり、細くなって薄くなるということもあるんですが、 あくまで一時的ですからね。ホルモンバランスがもとに戻れば解決する問題です。

ホルモンバランスが乱れて薄毛・抜け毛が起きているのと女性ホルモンがなくなって薄毛・抜け毛が起きているのでは、 全然違いますから対策も違ってくるというのは覚えておいたほうがいいですよ。

「分娩後脱毛症」~産後半年~1年半は我慢する

産後にバサッと髪が抜け落ちることがあります。

これは「分娩後脱毛症」というもので、妊娠期間中に増加していたエストロゲン、プロゲステロンが 急激に減少することで、エストロゲン、プロゲステロンによって成長期を維持してきた髪が一気に休止期に入ってしまうことで起こる脱毛症です。

妊娠するとその状態を維持するためや産後に母乳を出す準備もあってエストロゲンとプロゲステロンの量が増えます。妊娠後期に入るとその分泌量はピークに達するわけですが、 その影響で本来休止期に入り、抜けるはずだった髪も成長期を延長されて残っているんですね。

そんな寿命を延長されていた髪が産後のホルモンバランスが通常時に戻る過程で一気に抜けるので、びっくりするほど髪が抜けるわけです。 心配になるぐらい抜ける人もいますが、ホルモンバランスが通常状態に戻るまではどうしようもないです。

個人差があるのでなんともいえませんが、産後約半年から1年半で元に戻るのが普通です。

高齢出産の場合や2人目、3人目という場合は加齢の影響や体力の回復が遅れることもあってなかなか元に戻りにくい傾向があります。 「戻りが悪い」「あまりにも髪が抜けすぎる」と心配だという場合はホルモンチェックなど受けてみるのがいいかもしれません。

女性の髪が薄くなるその他の原因をチェック!

髪と頭皮の栄養不足&血流不足
髪を作る材料と毛母細胞の活性化があってことの育毛です。栄養を運ぶ血流にも注意!
髪と頭皮へのダメージが問題
おしゃれやコンプレックス隠しのためのカラーリングや縮毛矯正の悪影響について。
甲状腺疾患や向精神薬の影響
抜け毛をともなう病気というものがありますし、抜け毛を促す薬の副作用もあります。