女性の薄毛治療の最前線



女性の薄毛・抜け毛解決マニュアル~今ある髪を徹底死守!
今ある髪を守るためにあなたが取り組むべきことは?



女性の薄毛解決マニュアルTOP » 女性の髪が薄くなる原因 » 女性専用の頭髪外来に行く

薄毛を治療するなら女性専用の頭髪外来へ!

女性専用の頭髪外来へ

育毛ではなく、発毛したい場合はクリニックへ!

お金がかかるというデメリットはありますが、薄毛の治療、発毛という部分では最も効果が期待できるのが頭髪外来での薄毛治療になります。 女性専用の頭髪外来もあるので、薄毛を本気で何とかしたいという場合は最新医療の力を借りるのも手です。

薄毛治療は最後の手段?それとも最初の手段?

ここ数年で薄毛や抜け毛に対しては「病院で治療する」ということが珍しくなくなりました。AGA治療についてはテレビCMなんかもたまに見かけるので、ご存じの方も多いと思います。

薄毛に悩む人の数でいうとやはり男性のほうが圧倒的に多いので、男性向けのAGA治療クリニックのほうが充実しているのは確かなんですが、 女性専用の薄毛や抜け毛の悩みを相談できる頭髪外来も確実に増えてきているんですね。

もっというと患者の来院数の伸び率では女性専用のほうが増加しています。これは薄毛については女性のほうがより深刻に悩んでいるからこそ、 「今現在、最も確実な効果が期待できる」薄毛治療を選んでいるということなんじゃないかと思います。

クリニックでの薄毛治療については、薄毛や抜け毛が気になりだしてからすぐに来院する人もいれば、 「髪にいいといわれることを色々やってみたけれど、どれも効果がでなかったから」と最後の手段として来院する人もいるといいます。

いずれにせよ、女性専用の頭髪外来での治療を希望する人の共通点は「現状維持とか髪のハリ・コシUPの効果ではなく、確実な【発毛】効果」であるということです。 フサフサだったあの頃の髪を取り戻すためにはいくらでも出すという人もいるんじゃないでしょうか。

頭髪外来ならではのメリットというのは確かにあります。

女性専用の頭髪クリニックを受信するメリットは?

  • 髪の毛の状態を医学的&客観的に判断してもらえる
  • 薄毛や抜け毛の悩みを心置きなく相談できる
  • 隠れた病気を発見できることがある
  • 「発毛」を目的とした治療を受けられる

デメリットしては、今現在、薄毛治療というのは保険が効きませんから治療費はすべて自己負担になり、それなりのお金がかかるということです。 女性専門の頭髪外来で有名なAACクリニック銀座であれば、初診が15,000円、2回目以降が30,000円(いずれも税抜き)といった価格になります。

女性の薄毛治療にかかる治療費とその他データ(例:AACクリニック銀座)

  • 7~8割の人が改善を実感
  • 初診が15,000円、2回目以降が30,000円(別途消費税)
  • 月に1度の定期健診が必須
  • 最低でも半年間は治療を続ける必要がある
  • これ以上やっても髪は増えないという限界ラインがある

発毛効果、治療費、通院する手間etc....こうしたデータを見て、やるかやらないかを決めるのは、あとは本人の価値観だと思います。 治療費が高くて無理という人もいれば、これで髪が生えるなら安いもんだという人もいるでしょう。

治療は受けるかどうかは別にして、無料カウンセリングと初回診察(問診・検査)だけを受けて、今の自分の髪や頭皮の状態だとか、 検査でわかるホルモンバランスや栄養状態を知るだけでも、かなり実りがあるとは思います。

それからお金の工面がついても月1回の通院が必要なので、自分の家から通える範囲に女性専用の頭髪専門クリニックがないと普通の人には厳しいと思います。 (遠方から飛行機や新幹線に乗ってくる人もいるみたいですが(汗))

実際の女性専用の頭髪外来での治療の流れ

実際の薄毛の治療がどんな感じなのか?簡単に治療の流れを追ってみましょう。

カウンセリング&診察(検査含む)

生活習慣や治療中の病気の有無の問診、血液検査や頭髪ミネラル検査などにより、現状を把握し、 治療を行うかどうかを決めます。

継続的な治療を開始(外用薬、内服薬が中心)

検査の結果をうけてその人の症状にあわせた外用薬を内服薬を処方。栄養状態にかんしては基本的には食生活の指導があるのみですが、 場合によってはサプリメントが処方されることがあります。

外用薬、内服薬の種類

「ミノキシジル」「パントスチン」配合の外用薬、内服薬には、「ミノキシジル」「パントガールR」がよく用いられます。 他にも女性ホルモンを調整するタイプの薬剤を使うこともあります。

効果が出始めるまで半年は継続する

治療の効果が出始めるのは最低でも治療開始から半年はかかります。ピークを迎えるのは1年~1年半。その後は現状維持を目的にした治療に切り替わります。 治療を全く止めるとなると徐々にまた薄くなっていくようです。

半年経って効果がでないようであれば治療方法を変えたり、薬の濃度を大幅に変えたりということがあるようですが、 1年経っても何もない場合はかなり希望薄ということになるとの話です。

女性は特に薄毛の原因となるものがさまざまですから、生活習慣やメンタル面の影響、女性ホルモンについても詳しくないと適切な治療を行えません。 そのため男性の薄毛に比べて、かなり医師の実力というのが問われるように思います。

頭髪治療もやっている皮膚科よりも頭髪専門のクリニックにいったほうが女性の場合はいいといわれるのもそんなところが理由なんじゃないでしょうか。

1年間、薄毛治療したけど効果がない!」もあわせてチェックしてみてください。

女性の髪を解決するその他の方法をチェック!

アロマテラピーを試してみる
アロマテラピーの精油には女性ホルモンに働きかけるものが。上手く活用しましょう。
ヘアケアを見直してみる
髪と頭皮のためになる正しいヘアケアを身に着けて毎日実践することが大事です。
女性用育毛剤を使ってみる
女性の髪や頭皮の状態にあわせた育毛剤があります。頭皮環境の改善に役立ちます。