女性用育毛剤の効果は如何に!



女性の薄毛・抜け毛解決マニュアル~今ある髪を徹底死守!
今ある髪を守るためにあなたが取り組むべきことは?



女性の薄毛解決マニュアルTOP » 女性の髪が薄くなる原因 » 女性用育毛剤を使ってみる

充実してきた女性用育毛剤を使ってみよう!

女性用育毛剤を使ってみよう!

育毛剤で頭皮と髪に活力を!

有効成分の力で毛母細胞を刺激したり、血行を促進したり、、保湿してくれたりと頭皮環境を整えてくれるのが育毛剤です。 薄毛に悩む女性が増えてきたことで昔と比べて商品のラインナップはかなり充実してきています。

女性育毛剤は「有効成分」をチェックして選ぶこと

薄毛や抜け毛を何とかしたい!と思ったら真っ先に育毛剤を思い浮かべる人も多いと思います。テレビCMだとかドラッグストアなどに置いてある女性用育毛剤がなんとなく気になってくるのではないでしょうか。

一番気になるところはやっぱり「効くのかどうか?」ということだと思います。この質問に対する答えですが、「使ってみないとわからない」です。

というのも女性の薄毛の原因というのは実にさまざまあって、原因を特定するのが難しいからです。そのため、例えば育毛剤の得意分野である血行促進だとか 毛母細胞の活性化といったことがハマれば、効果を実感できるんですが、女性ホルモンの減少などその他の理由で薄毛になっている場合は残念ながら効果は期待できないわけです。

薄毛の原因と育毛剤に配合されている有効成分の効果効能がガッチリ噛み合わないと育毛効果は期待できないということはぜひとも覚えておいてください。

そして、当たり前ですが、有効成分について知らないことにはどれがいいのかさっぱりわからないと思います。というかわかっていても選ぶのは難しいでしょう。

女性用育毛剤に配合されている主な有効成分

  • ミノキシジル・・・血行促進作用
  • センブリエキス・・・血行促進作用
  • ショウキョウチンキ・・・血行促進作用
  • アデノシン・・・毛母細胞活性化作用
  • ニコチン酸アミド・・・毛母細胞活性化作用
  • パンテノール・・・抗炎症作用
  • 塩酸ピリドキシン・・・抗炎症作用
  • グリチルリチン酸ジカリウム・・・抗炎症作用

女性用育毛剤の場合、有効成分として血行促進作用のあるもの、毛母細胞を活性化してくれるもののいずれか、あるいは両方が配合されています。 そのうえで保湿効果のあるもの、抗菌&抗炎症作用があるもの、といったものがプラスアルファで加えられている感じです。

覚えておいておきたいのは厚生労働省に発毛が認められている有効成分が「ミノキシジル」のみだということです。 このミノキシジルが配合されている女性用育毛剤は「女性用リアップ(リアップレディ、リアップジェンヌ)」と「ロゲイン」が有名です。

医薬品扱いであるミノキシジルですが、男性型脱毛症には非常に効果的なんですが、女性の薄毛だと女性男性型脱毛症(FAGA)には効果があるようですが、 女性に一番多いといわれるびまん性脱毛症には効き目はイマイチだという話をよく効きます。

基本的な傾向として、女性用育毛剤は男性用と比べて有効成分濃度が低いです。その理由は男性に比べて女性の頭皮は刺激に弱くカブレやすいからです。

ただ、これを逆手にとると、もしこの有効成分が自分には合っていると思うものがあったら、その有効成分を配合した男性用の育毛剤を使ったほうがより効果を実感できるということです。 リスクも高まりますが、効果も高まるということです。

これってどうなの?いつものヘアケアを見直してみよう!

当たり前ですが医薬品の女性用育毛剤が一番効果があります。ただし、副作用があるというデメリットがあります。 一方で医薬部外品の育毛剤は副作用はありませんが、効果は穏やかなので育毛の実感はないかもしれません。

医薬部外品の位置づけって?

特定の効果効能について表示してよいという承認が下りているというだけであって、効果効能が優れているというわけではないです。 「医薬品ほどではないが化粧品よりは効果がある」と思っている人がいるんですが、医薬部外品も化粧品も効果効能については「穏やかな作用」と決められているので、どっちもどっちです。

市販にしろ、通販にしろ、育毛剤には髪や頭皮を整える有効成分が入っていますからある程度は効果的だと思います。 ただ、お伝えしたように医薬品でないモノの場合は、いろいろと制約があるので、思ったような有効成分濃度で販売できないという事情もあります。

薄毛や抜け毛の原因になっているものと育毛剤に配合されている有効成分の効果効能が噛み合えば、それなりに実感は得られると思いますが、 髪にハリやコシが戻ってきたらよしとするのか、それともbefore⇒afterで比較して明らかに毛量が増えている状態にならないと効果があったとはいえないとするのか、 どういった状態になったら「効果があった」といえるのかは人それぞれですよね。

そのため、育毛剤の効果があったかどうかの判断基準が人それぞれである以上、育毛剤に効果はあるのか?と明確に回答するのは実はなかなか難しいことなんです。

いずれにせよ育毛剤といえば頭皮に刺激があって腫れるとかカブレるとか赤くなるという場合は頭皮に合ってないので使用中止です。 この刺激が効いているんだとか思わないでください。接触性皮膚炎を起こしているので頭皮にも毛根にもダメージですからね。

とりあえず少量使ってパッチテストをして、問題なく使えるようであれば最低でも半年間は続けてみてください。 半年間使ってみて、自分が思う効果がなければ、その育毛剤については止めるタイミングなのかな?と思います。

女性の髪を解決するその他の方法をチェック!

アロマテラピーを試してみる
アロマテラピーの精油には女性ホルモンに働きかけるものが。上手く活用しましょう。
ヘアケアを見直してみる
髪と頭皮のためになる正しいヘアケアを身に着けて毎日実践することが大事です。
女性専用の頭髪外来に行く
お金に糸目をつけないからとにかく発毛したい!という場合は薄毛治療がおすすめです。